Seminer

《著者のための》 安定したセミナービジネスをつくる4つの法則

著者が安定したビジネスをつくる方法とは・・・

2009年10月、ぼくはサラリーマンを辞めました。
当時の仕事は楽しくもあり、やりがいも感じていましたが、自分が将来的に進みたい道と違っていました。結果的に、1年以上は悩んでいたと思います。すでにいろいろビジネス経験はありましたが、いざ独立するとなると、結構な心理的にハードルがありました。でも、あることがきっかけで、「あ、これだったら会社辞めて大丈夫」と思えるようになったのです。

それは2009年3月のことです。
ダイヤモンド社さんから出版した
『今までで一番やさしい経済の教科書』が異例のヒットになったのです。

出版業界では、新人作家が売れると執筆の依頼が大量に舞い込みます。新人作家にはどの出版社も依頼が出しやすいんだと思います。(ベテラン作家になると、「うちが依頼しても、どうせダメだろうな……」と最初からあきらめる出版社が多くなります)。ぼくは、2004年から出版社(サイバーエージェントの子会社)を出版社を経営していました。なので、その「売れた新人にはたくさん執筆依頼が来る」っていう状況がわかっていたんですよね。ぼくがこの本が売れたとき、20社くらいからは声がかかるだろうな、とすぐに察しました。そして現実に26社が執筆依頼をしてくれました。

この時に思ったんです。

「3年くらいは印税で食っていける……」ってね。

そして会社を辞めることにしました。
2009年の夏に、上司に「会社を辞めます」と伝え、
独立することになります。

 

 

ぼくはこのようにして作家として独立をしました。
本業「(ビジネス書)作家」なので、当初の収入はすべて印税でした。それでもサラリーマンの時の給料よりはだいぶ多かったです。精神的にも自然体でいられましたし、自分には「天職」でした。このまま一生作家として暮らしていこうと思ってましたよ。マジで。でも、ありがたいことに途中からいろんなお仕事をいただくようになりました。そして今では本を書く仕事はぼくの「仕事の一つ」になっています。そして、収入面で考えても、印税の割合が2割を切っています。印税の金額は独立当初から、落ちていません。他の収入が増えているわけです。

ただ当然ながら、何もやらずに自然とそうなったわけではありません。
本を出す前は、「本を出版すれば、自分のビジネスが劇的に変わる」と考えていました。でも、現実は違います。実際に、本を出してもまったく収入が増えていない人がほとんどですし、本を出してもそれをきっかけにビジネスを作っていく方法がわからない、という方がほとんどです。せっかく一生懸命に蓄積したノウハウなのに、本を書くだけで終わりになってしまっています。

本を書くのも大変です。人によっては数カ月から1年もかかります。
でも、その「労働」の対価としてもらえる印税は数十万円だったりします。
最低賃金よりも安いですよ。圧倒的に安いですよ。

最初の本を出すまでは、「これで自分の人生が飛躍する!」とノリノリでした。テンションあげあげです。でも、あれだけ苦労したのに、それがビジネスにつながらないことを知り、「出版しても意味がないからやめよう」ってなってしまう。そういう人、多いと思います。出版業界がこれから劇的に景気良くなることは考えづらいですね。なので、1冊当たりの印税は減ることはあれ、増えることはないでしょう。

つまりは、著者としてビジネスを安定させるためには
印税以外の収入を得なければいけないのです。

 

ぼくも最初は印税以外の収入を得るのに苦労しました。

「著者はセミナーをやった方がいい」と言われてセミナーをやってみても、なかなか人が集まりません。そのうち、セミナーで話すこと自体よりも、
セミナーに人を集める仕事の方が増えていきました。そして、毎回毎回、集客を頑張らなければいけませんでした。今回のセミナーに何人集めても、次回はまたゼロから集めなきゃいけない。これが超大変でした。

でも今では、そんな苦労はまったくありません。
集客に苦労することなく、安定した、
かつどんどん大きくなるビジネスを維持できています。

ぼくは作家として独立をしました。
本業「(ビジネス書)作家」なので、当初の収入はすべて印税でした。それでもサラリーマンの時の給料よりはだいぶ多かったです。
でも今では、ぼくの収入のうち、印税は2割を切っています。印税の金額は独立当初から、落ちていません。他の収入が増えているわけです。自分の好きな仕事をしながら、収入は比較にならないほど増えました。お金と時間の自由を手に入れ、かつ仕事で付き合う人を自分で選べるようになりました。海外旅行も好きな時に行かれますし、場所を選ばずに仕事ができます。(現に今も、オープンカフェでこのページを作っています笑)

ぼくがどのように自分のコンテンツを商品化し、
どのように著者として安定したビジネスを作ってきたか。
そして、どうすれば自分のコンテンツで長く長く仕事ができるか。

ぼくが自分の本のコンテンツを「安定したビジネス」に変えてきた方法をお伝えすることで、ひとりでも多くの著者が「自分が信じるコンテンツ」で食べていかれるようにしたいと思っています。でも具体的にどうやるの?って思いますよね。結論から言いますと、最終的には「会員制セミナービジネス」を作ることがゴールです。毎回、自分のコンテンツを切り売りするのではなく、あなたが持っている総合的な価値をトータルで会員さんに伝えられるモデルです。
この会員制セミナービジネスを持っていると、

・月額課金モデルなので、ビジネスが安定します
・「積み上げ式」のビジネスなので、どんどん拡大できます
・押し売りにならずに、価値を提供できます
・あなたのセミナーには「会員」が参加してくれるので、
都度集客しなくてよくなります(これが本当に精神的に楽です)
・そして何より、著者として、自然体を維持しながら、
かつ長く長く自分のコンテンツで収入を得られるようになります

せっかく書籍にまとめたノウハウを、本だけで終わらせてしまうのは、もったいないです。今年生み出した価値から、来年も再来年も提供し続けられるように、
そしてそこから安定収入を得られるようにビジネスを設計すべきです。

 

まずは理論編セミナーにお越しください

著者として、安定ビジネスをつくりたい!と感じた方は、ぜひ一緒に学んでいきましょう!
まずは、この考え方があなたにマッチするか、あなたも「ぜひ取り入れたい!」と思うか、
まずはこちらの理論編セミナーにお越しいただき、それをご判断ください。

 

《著者のための》安定したセミナービジネスをつくる4つの法則

 

自分のコンテンツでセミナーを実施している人は結構いらっしゃいますね。
でも、いいコンテンツを持っているのに、単発でしか売上を立てられず
常に集客に追われている人がほとんどではないでしょうか?
それは非常にもったいないです。毎回集客に追われるスタイルでは、著者は疲弊しちゃいます。
なので作戦を変えましょう。

このセミナーでは、自分のコンテンツを「消費」させずに長く売れる商品にする方法、
自分のコンテンツを基に、安定したビジネスをつくる方法(理論編)をお伝えします。


詳細

【日時】
2017年 6月19日(月)18:00~20:30 終了しました
2017年 7月18日(火)18:00~20:30
2017年 8月22日(火)18:00~20:30

【会場】
弊社セミナールーム
JR田町駅から徒歩7~8分です。
詳細はお申し込み後にご案内いたします。

【受講費】
10,000円(税込)

【申し込みフォーム】

《著者のための》安定したセミナービジネスをつくる4つの法則

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
電話番号 ※必須
日程 ※必須
 
領収書 ※必須
 
お申込のきっかけ ※必須



 
ご紹介の方は、ご紹介者のお名前をお聞かせください




PAGE TOP