説明力を身につけるメリット

今求められているスキル、説明力!

  • 感情が先行して何を言っているのか自分でもわからない。
  • 「で、結局なにが言いたいの?」と言われる。
  • いい商品なのに、顧客にその利点を伝えられない。
  • 伝えたいのに、うまく伝えられないもどかしさが常にある。
  • 話がしばしば脱線する。
  • ついつい「理解できない相手が悪い」と思ってしまう。
  • 伝えたいことが多すぎて、話がまとまらない。

「もっと相手にわかりやすく伝えたい…」「相手に理解されたい…。」
そのように思っているかもしれません。

いくらロジカルシンキング、プレゼン力が高くても、
そもそも自分の伝えたいことが相手に伝わらなければ意味がありません。

説明力とは、
「複雑なことをシンプルに、難しいことをカンタンに説明できる。」
スキルです。

頭の良さ、知識、センス、心に響かせる必要もありません。
もちろん笑いのセンスも、うまい言い回しのセンスも必要ありません。

説明力を身につける事で…

  • 自分で伝えたいことを自分の中で整理できる
  • 相手のレベルに合わせて伝えたいことを伝えられる
  • 話がしばしば脱線しても、すぐに軌道修正ができる
  • 伝えたいことが多くても、要点を絞って伝えられる
  • 広く多くの人に自分のメッセージを伝えられる

ことが可能になります。

商品企画、マーケティングの現場で使える!

「こんな良い商品なのに売れない!」
「販促に時間もお金もかけているのに売れない!」

そんなお悩みありませんか?

売れない理由は、貴社商品やサービスの良さを相手が理解していないからかもしれません。

そんな時こそ「説明力」です。

難しいマーケティングのテクニックや営業ノウハウを学ぶ前に、
商品が本来持っている魅力や価値、ウリを相手に分かりやすく説明できるスキルを身につけましょう。

セミナー講師、専門業こそ「わかりやすさ」を強みに!

専門性を持っている人ほど、説明がわかりづらくなりがちです。

多くの専門家が、難しい話しかできません。
そんな中もしあなたが、説明力を磨いたらどうなるでしょうか?

わかりやすく説明できる人が、メディアに呼ばれ「専門家」として重宝され、業界内での差別化を図ることができます。

何よりも、お客様にあなたの専門性をしっかり理解してもらうことができます。

子供の教育現場で!早期から伝える力を養う

「自分の意見をしっかり伝えられる子になってほしい。」そう願う親は少なくありません。

説明力を学ぶ事で、早期から自分の考えを整理して、相手に分かりやすく伝える習慣を身につけることができます。

協会認定講師として活動の場も!

説明力養成本講座を受講した方は「説明力メディエーター1級」の
資格取得の権利を得られます。

資格を取得すると、説明力養成入門講座・本講座(1日目)を指導者側の立場で自主開催することが可能になります。