ビジネスシーンでも、プライベートでも。こんなお悩みありませんか?

「もっと相手にわかりやすく伝えたい…」「相手に理解されたい…。」
そのように思っているかもしれません。

そんなあなたに必要なのは説明力です。

説明力が身につけば、自分の伝えたいことを相手に伝わるように整理して、しっかりと伝えられるようになります。

自分の言葉で伝えるから、共感を得られる

いくら論理的に情報を伝えても、それが誰かからのレンタル言葉だったら周囲の共感を得ることはできません。

不器用でも、エッジがきいていなくても、あなたの言葉で伝えれば、相手は耳を傾けてくれ、その話を理解しようとしてくれるでしょう。

特にリーダーの立場にいる方は、「上」からの指示をそのまま伝えるのではなく、自分の視点、自分の解釈を交えて、自分の言葉で伝えることが求められます。

子どもにも「自分の言葉で伝える力」を

「自分の意見をしっかり言葉で伝えられる子になってほしい。」そう願う親は少なくありません。

自分の言葉で伝えるために必要なのは、度胸やセンスではありません。子どもたちが必要なのは、たった2つです。ひとつは、「頭の中を言葉にする方法を知ること」。そしてもうひとつは、「自分が発した言葉を周囲に認めてもらう体験をすること」です。